【代表質問】市長所信及び施政方針について

 永津正和

改めまして、おはようございます。

市政クラブの永津正和でございます。

まずは今回の選挙におきまして栄えある当選をされました。

誠におめでとうございます。心よりお祝い申し上げます。

そして、「ともに進める、新しい北名古屋へ」、これまでのまちづくりを土台にしながら、さらなる北名古屋市の発展を目指し、市議会、市職員及び市民の皆さんと共に一丸となってしっかりと市政の運営を行ってまいりますと述べられました。

まさに同感でございます。

さて、市長所信及び施政方針の中で、行政を進めるに当たって行財政改革と5つの柱の政策を中心に進めると述べられました。

それでは、質問に入ります。

1点目は、行財政改革についてお聞きいたします。

行政改革の認識につきましては、私の考えとほぼ同じでございますので、ぜひ進めていただきたい。

財政問題につきましては、令和3年12月14日に開催されました予算決算常任委員会におきまして、当局より、財政問題について相当な時間をかけて答弁がございました。

市長におかれましては、ぜひ会議録をご覧いただきまして、これについて所見を述べていただきたいと思います。

2点目は、政策の5つの柱につきまして、その内容に具体的な記述はございませんが順次お聞きをいたします。

最初に、「市民の命と生活を守る」でございます。

大多数の市民は、市長の積極的な新型コロナウイルス感染症対策について期待しておられると思います。

しかし、今回の市長所信及び施政方針では一言も触れられておりません。

この機会に、市民に向かって市長自身の言葉で具体的に述べていただきたい。

次に、「子育て・教育の充実」についてでございます。

英語教育の充実はぜひ進めていただきたい。

小中一貫校について、どのようにお考えか。

ジャンボプールの今後について、どのようにお考えか。以上、お聞きいたします。

次に、「安全・安心な環境づくり」についてでございます。

豪雨、洪水に備え、雨水貯留施設の整備と、河川、水路の整備について、特に五条川、水場川、新中江川の改修について、現状と今後の対策、そして新川の改修につきましても、どのようにお考えか。

老朽化したインフラについて、特に中小河川、道路橋梁、そして上水道管について、早急に対策を考える必要があると考えます。この点についてはどのようにお考えか。

火葬場について、お聞きいたします。

今までは、過去の経過を踏まえあまり話題にしておりませんでしたが、この機会に新市長の考えは。以上、お聞きいたします。

次に、「頼れる福祉」についてでございます。

障害者が日常生活で活躍できる支援について、後退することのないように、また高齢者が生活しやすくなる環境づくりを進めていただきたい。

「健康快適都市」の再構築を述べられておられますが、その内容は。以上お聞きいたします。

次に、「まちの活性化」についてでございます。

西春駅前の日曜日歩行者天国の実施について、空き家、空き店舗、公共施設を利用し、地域起業家や市民活動団体の支援の実施について、市制20周年に向けて、市民と共に北名古屋市基本条例の制定について、各地域で市民との対話集会を定期的に開催することについて、それぞれ具体的にどのようにお考えか。

また、農業問題について、現状と今後の課題について、商工業について、現状と今後の課題について、名鉄高架事業と徳重・名古屋芸大駅周辺整備の現状認識と今後の展望について、どのようにお考えか。

以上、多くの項目につきましてお聞きいたしましたが、これは市長が所信を表明し施政方針を述べる機会でございますので、施政方針の5つの柱において内容の具体的なお話がありませんでしたので、私の考えでお聞きするものでございます。

ぜひご理解をいただきまして、市民に分かりやすいご答弁を期待するものでございます。

よろしくお願いをいたします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください