新たな任期の開始と新メンバーの加入

本日5月8日には新たな議員による初議会の開催を前にした議会運営委員会(に代わる議員懇談会)が開催されました。

平成30年4月15日投開票の北名古屋市議会議員選挙の結果を受けて、4月22日より北名古屋市議会は新たな任期となる4年間のスタートを切りました。わたくしども市政クラブには新人議員が5名加入し、12名でスタートすることができました。北名古屋市議会議員定数は21名で、市政クラブは過半数を超える最大会派となります。

本日は議員懇談会終了後、永津正和会長の立ち合いの下、桂川将典議員を講師として会派の新人議員研修会を行いました。議員としての基礎教養として民主主義の歴史に触れながら、法や政令、地方自治法の定めによる市長と議員の違い、市の計画、これまでの市政クラブの政策の概略と重要政策についての簡単な説明、また議員の心構えとして注意するべきことがらなど、2時間の予定を15分ほどオーバーする研修を行いました。

6月定例会においては新人議員の皆さんも市民の支持に応えるべく、選挙戦を通じて訴えてきた趣旨に沿った一般質問を行うよう、永津会長より新人議員に要請がなされました。質問作成にあたっての調査、着眼点やそもそも質問することの意義、よい質問のポイントなどについて、桂川議員のこれまでの取り組みでの意識してきた経験をもとにした説明がなされました。

従前より皆様にご支援いただいてきた古参の議員だけではなく、市民の皆様の期待に応えようと立ち上がった新人議員も、いちはやく議員としての力を発揮されますよう、私どもも大いに期待を込めているところです。これからも市政クラブ一同、北名古屋市の85000余の市民の幸福追求のため、会員一同それぞれ議員として日々研鑽に励み、切磋琢磨しながらも課題に向かっては全員が一丸となって取り組み、さらなる市政発展を目指して活動を続けてまいります。

今後ともどうぞ市政クラブへのご期待をお寄せくださいますようお願い申し上げます。

なお北名古屋市議会 市政クラブの新たな会員と役職については下記のとおりです。

氏名 会派役職
永津 正和 会長
渡邊 幸子 幹事長
熊澤 真澄 政調会長
長瀬 悟康
大野 厚
桂川 将典
沢田 哲
神田 薫
福岡 康
井上 一男
浅利 公惠
清水 晃治

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください