予算決算「常任」委員会に

これまで議会運営委員会正副委員長を当て職としていた予算決算「特別」委員会。議運委員長に負担集中していることから役割の再編が先日行われ、この議会から運営が始まりました。

本会議の初日、総務委員会正副委員長を当て職として、予算決算「常任」委員会の委員(全議員)、および正副委員長が決まりました。

これで予算決算の閉会中調査が可能になり、予算決算について、議会からの意見が述べやすくなります。

こうして委員会運営の活性化を目指しています。ひとつ懸念されているのは、委員会での議案外質疑が無制限となっていることから、この枠が大きすぎるよね、ということ。これから検討に入る必要があるのではないか、と考えています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください